老化の元凶といわれるAGE。
AGEは糖化のこと。

糖とたんぱく質が加熱で結合してしまうんですね。
見て分かるのは、「メイラード反応」

 

糖だけでも棄権なのに、調理法でその糖がさらに悪性物質にかわる。
それがAGEなんですね。

名医のthe太鼓判では、突然死の予防法で扱ってるけどね。

食べものって、加熱したり焼いたりするとAGEってのが増えるんだって。

 

1日の目安は15000AGE。
ごはん1杯で16AGEくらい。
でもチャーハンだと7000AGEを超える!

 

カツカレーだと17000AGEを超えるんだって!!
ホットケーキなどの色委、いわゆるキツネ色に焦げるってのは、名ラード反応でできたAGEの色。

 

逆に鍋なんかはAGEを発生させにくいんだって。
なにを食べるか? だけじゃなく、どう食べるか?も大事なんですね。

 

まぁたまに食べる分にはいいけど、まいにち「きつね色の焦げ」には気をつけたいですね。