危険で無謀な運転をする人のことを、ロードレイジというそうです。

このロードレイジ、サイコパスのようなものなので関わらないのが1番です。

理由は、危険な運転を行う人ほど、自分は大丈夫だし、自分は正しいという根拠のない自信を強く持っているからなんですね。

 

東名高速の事故でもそうですが、追い越し車線で車をぶつけても問題がないt思っているわけです。

なぜなら、俺に注意してきた悪人(という勘違い)だからでしょう。

 

これらは知り合いならば、性格をわかっているのでうかつに注意などもしません。

関わると面倒だとわかっているからですね。

でも一般道での運転の場合、非常識な行為なら普通の人と考えて注意をしてしまう場合もあるからです。

 

根拠のない自信がある人は、自分の正しさを疑いません。

あたりまえですが自信の根拠はそもそもないからです。

自分が正しいと思うから、自分が正しいのです。

 

その後も同じドライバーの過去の問題運転や、全国的におかしなドライバーのニュースも報道されています。

 

とにかく交通事故に巻き込まれてしまうので、関わらないのが1番ですね。