ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場


「ゲーム」の記事一覧

花火大会 あつ森

ゲーム

トレンドの花火大会。
今日だっけ?

なんて思ったら、あつ森だった。
もうzoomとかオンラインじゃなく、仕事もあつ森で簡潔させたらいいと思う。


心理戦が楽しい「ダウト」

ゲーム

世界で一番すごく高い知名度を誇るカードゲームは、「トランプ」ではないでしょうか。

あ、Qアノンとともにディープステートやカバールと闘ってくれてるトランプ大統領じゃなくてですよ。

 


 

日本でも、家庭に1つはあると思いますし、小さな子どもからお年寄りまで楽しめる、室内でできる遊びの代表と言っても過言ではない場合が多いでしょう。

また、トランプは1人~数人で楽しむことができ、遊び方があるので、トランプ1つで長い時間遊べます。
その中から特に盛り上がる心理戦を楽しむトランプ遊びを紹介します。

 

・ダウト

ダウトは3人~8人で楽しめるゲームです。
手札の中から順番に1枚ずつA→2→3~Kと裏向きで出していき、自分の手札が早くなくなった人が勝ちになります。

「ダウト」として出すカードをバレないようにしたり、他の人の「ダウト」を見破ったり、ハラハラドキドキの連続です。
それでは、ダウトのルールを紹介します。

 

1、ジョーカーは使わないので外しておきます。
親がカードをきって、カードを裏向きにして、左隣の人から時計回りに1枚ずつ配っていきます。

 

2、カードを全て配ったら、親から「1(いち)」と言いながら、手札の中にあるA(1)を、真ん中の場に裏向きのまま出します。

 

3、次に左隣の人が「2(に)」と言って、同じように手札から2のカードを出します。
そして、時計回りに、「3」「4」「5」と続けていき、K(13)までいったら再びAに戻って続けます。
また、カードは1度に4枚までまとめて出すことも可能です。

 

4、このゲームはパスができないので、「6」の順番の時に6のカードを持っていなくても、別の数字のカードを出しながら、「6(ろく)」と言って出します。
この時、ウソをついていることを他の人にバレないようにしましょう。

 

5、他の人がウソをついていると思ったら「ダウト!」と言って、そのカードを表に向けて確かめます。

そのカードがウソだった場合、そのカードを出した人は、場のカードを全て自分の手札として加えないといけません。
逆に、そのカードが順番通りの数字なら、「ダウト」といった人が場のカードを引き取ることになります。

 

6、「ダウト」と誰かが言って中断した後は、その次の数から続けます。
そして、手札が一番早くなくなった人が勝ちとなり、ゲームは終了です。
残った手札の枚数を数えて、少ない順に2位、3位となります。

 

ダウトは、ウソのさじ加減が勝敗を握っています。
攻略法としては、ウソなのか本当なのかわからない表情でいることです。
相手のウソを見破ることも勝利のカギですが、それよりも、自分のウソに気づかれないことの方が勝利を導きます。

また、表情を読ませないために、変顔をするのも1つの作戦です。
ただ、変顔をずっとしているわけにもいかないので、どのタイミングで変顔をするかは難しいところもありますね。

 

このように、ダウトは顔の表情や数字の言い方や間(ま)など、駆け引きの要素が強いので、ホームパーティなど室内でできる遊びとして、みんなでじっくり楽しめます。

ソードアートオンライン アリシゼーション War of Underworld

ゲーム

7/11(土)放送開始の「SAO アリシゼーションWoU」最終章の最新映像が公開されたよ。映像内ではEDテーマ「I will…」(藍井エイル)の音源も初解禁!



ヤドラン

ゲーム

ポケモンのヤドラン、ヤドンより強そう。

 

 

手に持ってる貝でドついたら、絶対にイタそう。

 

2人でできる簡単で楽しいトランプゲーム

ゲーム

子どもと室内でできる遊びとは、「トランプ」がまず思いつく方も多くあります。

しかし、トランプで遊ぼうとしても、ババ抜きや神経衰弱くらいしかルールを知らなくて、すぐに飽きてしまうこともあると思います。

そこで、子どもと2人で楽しめるトランプゲームを紹介します。

 

・戦争

1枚ずつカードをめくって、強さを比べるゲームです。
4~5歳の子どもさんが楽しめるゲームです。

 

1、カードを裏向きの状態で半分ずつ分けて、2人の前に置きます。
ジョーカーは使わないので、抜いておきます。

 

2、カードの強さはAが一番強くて、2が一番弱くなります。
強い順に並べると、A、K、Q、J、10…5、4、3、2となります。

 

3、「せーのっ!」という合図で、自分の山の一番上にあるカードをめくって場に出します。

 

4、強いカードを出した方が勝ちなので、場に出した2枚のカードをもらいます。
もらったカードは、自分の山の一番下に裏向きにして入れておきます。

 

5、同じ数字の場合は引き分けなので、山からもう一度カードをめくって出します。
それで勝った人は、引き分けで出したカードも一緒にもらいます。

 

6、どちらかがカードがなくなるまで続け、先になくなった方が負けになります。

 

・トラッシュ

5歳以上の子どもにオススメのトランプゲームで、ルールが簡単で実力の差が出にくいので、親子で楽しめます。
また、子どもの年齢に合わせてルールを変えれば、さらに楽しめると思います。

 

1、ジョーカーを除いたトランプをよく混ぜて、裏向きの状態で10枚のカードを配ります。

 

2、カードの表を見ずに、裏向きのまま5枚×2列に並べます。
残りのカードは2人の間に山にしておきます。

 

3、裏向きに並べた10枚のカードを、左上のカードが「A」、その右隣のカードが「2」、次が「3」、「4」、右上のカードが「5」、そして、左下のカードが「6」となり右下のカードが「10」と番号を付けておきます。

 

4、ジャンケンをしてゲームスタートで、勝った人が山から1枚カードをめくります。
A~10が出たら、そのカードと同じ数字の位置(番号を付けたカードの上)に表向きに置きます。

 

5、もともとその場所にあったカードをめくってA~10が出たら、さらにその数字の番号に表向きに置けます。

 

6、JとQが出たら、山の隣に表向きに重ねておき、次の人に交代します。
また、Kが出たら、表向きになっていない場所に置くこと可能です。

 

7、カードをめくっていって、すでに表向きになっているカードと同じ数字をめくったら、山の隣に重ねます。
そして、次の人に交代します。

 

8、A~10まで表向きに揃ったら勝ちです。

 

小さな子どもでルールがわかりづらかったら、山から1枚引いてA~10が出たら、裏向きのカードの上に並べるだけでも良いです。

Kの特別ルールもなしにして、J、Q、Kが出たら山の隣に置くというルールにすれば、理解しやすいと思います。

 

雨で外に遊びに行けない時など、室内でできる遊びのレパートリーにぜひ入れてください。




SEO対策テンプレート


ページの先頭へ